昇仙峡 ほうとう決戦優勝

昇仙峡 流しそうめん 「円右衛門」

昇仙峡と渓流 流しそうめん

山梨県の昇仙峡に新しく流しそうめん専門店が登場しました。
昇仙峡は覚円峰や日本の滝100選のひとつ仙娥滝など大自然が織りなす渓谷美を楽しむ事ができる山梨県の人気観光スポットです。
昇仙峡 流しそうめん「円右衛門」は、渓流を眺めながら本格流しそうめんを味わうことができる新しい昇仙峡スポットです。
竹筒で流しながら味わう本格流しそうめんだけでなく、テーブル席は常に清水が巡回しながら回転するオリジナルテーブル席の2種類が楽しめます。
昇仙峡は渓流の変化も多く、新緑や紅葉時はみごとで、1950年(昭和25年)の毎日新聞社の全国名勝地百選で渓谷 1位に入選し広くその名が知れわたりました。また、昇仙峡は、「平成百景」第2位(平成21年)に選ばれるとともに、水環境を評価する「平成の名水百選」(平成20年)にも選定されています。
昇仙峡が、四季折々にみせる風景は見る人の心を魅了し、いやしてくれます。
そんな昇仙峡の風景を楽しみながら流しそうめんを味わって下さい。

「円右衛門(えんえもん)」の由来

御岳新道を切り開き昇仙峡を世に出した長田円右衛門が名前の由来です。
独特の渓谷美を誇る御岳昇仙峡が観光地となったのは、江戸時代後期のことです。荒川上流にあった猪狩村の長田円右衛門が渓谷沿いに新道を開削し、その景観の美しさを世に送り出したことが始まりでした。
険しい山を切り開いて山梨の宝を世にもたらした開拓者ように、時代を切り開くことができるよう願いを込めた名前です。

昇仙峡 流しそうめん渓流を見ながら本格流しそうめん
昇仙峡 流しそうめん子供も楽しい本格流しそうめん流しそうめん テーブル席
円右衛門入口庭園も楽しめますオリジナル流しそうめんテーブル

クリックすると拡大します。

流しそうめんフェイスブック

流しそうめんフェイスブック

流しそうめん店舗写真へ

昇仙峡 流しそうめん円右衛門の店舗の様子を見ることができます。季節によって様変わりする昇仙峡の風景を眺めながら、ここでしか味わうことのできない贅沢な時間をお過ごしください。

円右衛門の店舗写真はこちらLinkIcon

昇仙峡 円右衛門アクセス

昇仙峡 流しそうめん「円右衛門」は山梨県の昇仙峡に新しくオープンしたお店です。長田円衛門が開拓したこの地は岩肌が美しい覚円峰や水が落ちる音が響き渡る仙娥滝と四季折々の風景を楽しむことができる人気の観光スポットに位置しております。

円右衛門へのアクセス方法はこちらLinkIcon