お知らせ・催し物 NEWS/EVENT
円右衛門のほうとう 昇仙峡ほうとう 味くらべ真剣勝負 優勝

ほうとう味くらべ大会 優勝!円右衛門のほうとう

山梨の郷土料理である「ほうとう」の山梨県下一をかけたイベント「第五回 昇仙峡ほうとう味くらべ真剣勝負」で円右衛門は見事、優勝しました!栄誉ある賞をいただきました「ほうとう」はどこか懐かしく、素朴で、栄養たっぷり、濃くも甘くも舌鼓!是非はんで食えし!(甲州弁で「たくさん食べてね」という意味です)


昇仙峡 流しそうめん

昇仙峡の清流で流しそうめん。

昇仙峡 流しそうめん「円右衛門」は、渓流を眺めながら本格流しそうめんを味わうことができる新しい昇仙峡スポットです。
竹筒で流しながら味わう本格流しそうめんだけでなく、テーブル席は常に清水が巡回しながら回転するオリジナルテーブル席の2種類が楽しめます。


円右衛門のお品書き

流しそうめん、ほうとうだけではなく、そば・うどん、天ぷら、いわなの塩焼き、キムチの盛合せ等の逸品メニューを揃えています。

昇仙峡 渓谷

 

昇仙峡は渓流の変化も多く、新緑や紅葉時はみごとで、1950年(昭和25年)の毎日新聞社の全国名勝地百選で渓谷 1位に入選し広くその名が知れわたりました。また、昇仙峡は、「平成百景」第2位(平成21年)に選ばれるとともに、水環境を評価する「平成の名水百選」(平成20年)にも選定されています。
昇仙峡が、四季折々にみせる風景は見る人の心を魅了し、癒してくれます。

その昇仙峡へ続く道「御岳新道」を切り開き昇仙峡を世に出した「長田円右衛門」が当店の名前の由来です。
独特の渓谷美を誇る御岳昇仙峡が観光地となったのは、江戸時代後期のことです。荒川上流にあった猪狩村の長田円右衛門が渓谷沿いに新道を開削し、その景観の美しさを世に送り出したことが始まりでした。険しい山を切り開いて山梨の宝を世にもたらした開拓者ように、時代を切り開くことができるよう願いを込めた名前です。

円右衛門のブログ
円右衛門のfacebook